姿勢が改善したら逆流性食道炎が良くなった80歳代女性

姿勢が改善したら内科の症状も改善した一例です。

つらい症状

歩きにくく、つまずきやすい。

ふくらはぎがパンパンに張ってしまう。

両手がしびれる。

寝返りが、なかなかできなくて、できても時間がかかる。

円背(えんぱい)・亀背(きはい)とは

円背(えんぱい)・亀背(きはい)とは、脊柱後弯症の総称です。

骨粗しょう症 – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

原因は

歩きにくく、つまずきやすいのは円背(腰が曲がる)のが原因です。

ふくらはぎがパンパンに張ってしまうのは、円背をかばい仕事をするためです。

両手がしびれる。円背を補正するために頸椎の前弯が強くなります。よって頚腕症候群が起きやすくなります。

治療は

骨粗しょう症が基礎疾患でありますから細心の注意が必要です。

独自の解剖運動学矯正法で仙腸関節などの動きを治します。前頚部矯正法で頸椎や胸椎の動きを治します。

加圧リハビリ村坂法で下肢の筋力を回復させます。

リアライン・コアで体幹軸を補正し仙腸関節の動きの左右差を無くします。

高濃度炭酸泉足浴で下肢の血液循環の改善をします。

経過は

薄皮を剥ぐような経過でしたが、寝返りも普通にでき、姿勢も改善しました。

付随的に、逆流性食道炎も治り、お薬が要らなくなったそうです。

姿勢は内科の症状にも影響すると認識した一例です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。