お薬を使わない手技治療のパイオニア

足首の捻挫後に腫れが引かずに1年が過ぎた、70歳代後半女性

足首の捻挫をして治療を受けていましたが、腫れたまま1年が経過しました。

紹介で来院されました。

足関節捻挫後の腫れ

捻挫の痛みが取れたけど、腫れが引かずに痛みも時々出ます。

高齢者はこのような経過になる人が大変多いです。

夕方になると腫れがひどくなるそうです。今となっては足首の関節炎となります。

治療

所定の抗炎症の治療を行い、脊椎の動きを改善します。

何せ高齢者ですから、今よりより良くとなります。1回でどうのこうのしようと言うのは危険です。

普段から畑仕事をしている

80歳手前ですが、普段から体を動かしているので体力はあります。

正しいリハビリとは

この患者さんも、村坂ゴムバンド強化法を習得して頂きました。

最初は、全く足指が動きませんでしたが、訓練することにより、足関節の負担が減ります。

高濃度人工水素水浴が大活躍

処方される痛み止めは、腫れはそんなに引かせることができません。

高濃度人工水素水浴が大活躍しました。

都合、2回で腫れが激減

2回で腫れが激減しました。

この患者さんは、腫れるクセが付いているので、今後何回かの治療が必要となります。

意外にあきらめている人が多い

足関節の腫れはあきらめている人が大変多いです。

治療で、現在の状態から腫れは引きますので、来院をお勧めします。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

1960年生まれ。村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師や鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながりますので、年齢と共にますます成績が向上しています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に当院の治療や独自リハビリなどを行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。