お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

初産の育児中になりやすいドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の予防法

初産の場合になりやすいです。

特に、力仕事をやったことが無い人に多いです。

手首の親指側の痛み

毎日の育児中になるので、最初は何事かと大変驚かれます。

育児中になるドケルバン病が心配です

お子さんが、どんどん重くなり、手首が腱鞘炎になり悲鳴を上げます。予防は手首のしっかりしたストレッチか抜群に効果がありますので、やって下さい。

お子さんを寝かしている時に必死にやると、あっという間に治ります。

下記の記事を参考にして下さい。

 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。