お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

初産の育児中になりやすいドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)の予防法

初産の場合になりやすいです。

特に、力仕事をやったことが無い人に多いです。

手首の親指側の痛み

毎日の育児中になるので、最初は何事かと大変驚かれます。

育児中になるドケルバン病が心配です

お子さんが、どんどん重くなり、手首が腱鞘炎になり悲鳴を上げます。予防は手首のしっかりしたストレッチか抜群に効果がありますので、やって下さい。

お子さんを寝かしている時に必死にやると、あっという間に治ります。

下記の記事を参考にして下さい。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。