お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

両手の母指CM関節症の60歳代女性、原因は指と前腕の硬さ、発明した「村坂ストレッチ法」を2週間行い劇的に改善しました

表紙は私の手です。CM関節は正常です。

この60歳代女性の患者さんは、少しは痛かったそうですが、常に痛くなって1年以上経ちます。

 

レントゲン上の変形と痛みは別問題です

レントゲンで指の変形度合いと痛みが一緒では無い場合が多いのです。

この患者さんは、変形大→痛み小、変形小→痛み大、です。

 

治療は頸椎や胸椎へ行う必要が

巷では装具で固定して云々とありますが基本的な事で、積極的に治ることはありません。

母指CM関節部の体表支配神経である頸椎や胸椎への治療を行う必要があります。

それに加えて神経伝達のエラーを修正するために外側脊髄視床路への治療を行います。

患部のみの治療は「木を見て森を見ず」になります。

 

日々のストレッチが最重要です

当院提供のストレッチを教えて、ご自宅で毎日行って頂きます。

この患者さんは、指は殆ど反らなく、手首もストレッチの姿勢を取るだけで激痛が出るタイプでした。

そりゃ、母指に負担が掛かるのは無理はないのですが、指摘するまで患者さんは指の硬さには全く気づきませんでした。

ストレッチ方法

母指CM関節症は治療だけでは治りにくいので患者さんに手指のストレッチをお願いしています

2週間行ったら

CM関節の炎症も半減して、痛みもずいぶん減りました。

当院独自のサポーターも

当院独自のサポーターも提供しました。

その後は

1ヶ月通院されたらほぼ痛みは無くなりました。強い動作のみ痛みが残っています。腫れも無いです。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。