お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

トラムセット投薬中の腰椎椎間板ヘルニアの60歳代男性 お酒を止めたら便秘になりお薬を替えてもらったそうです

当院で治療中の患者さんです。

整形外科へも通院中ですか、耐えがたい痛みやシビレのため、トラムセット、リリカを処方され少しは良くなりました。

しかし、取り切れない痛みを改善するために当院へ来られています。

当院の鍼灸、脊椎矯正、吸角、水素の総合治療にて、調子もたいへん良くなり喜ばれました。

心筋梗塞にもなり、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)、ステントを3つ入れられています。

そのあと、飲酒も止められました。

男子あるあるですが、酒を飲んでいると便が緩くなります。止めたので、便秘になりました。

トラムセットも麻薬系のお薬なので、副作用して便秘があります。

当然、リスク(体の負担)とベネフィット(恩恵)で勘案するわけですが、患者さんは整形外科の先生と相談されて、トラムセットをロキソニンに変更されました。

今から暖かくなるので、その処方で大丈夫だと思いますが、秋から冬になりどうなるかです。

整形外科の先生は、いつでもお薬は元に戻せるからと言われて、患者さんは安心したそうです。

麻薬系に限らず、痛み止めのロキソニンに代表される非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)は、便秘を起こすことが多いので気をつけて下さい。

痛みを取ることは簡単そうで難しく、日夜研究しています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。