お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

ベーカー嚢胞(嚢腫)になるのは筋力低下も原因の一つ・軽い筋トレを自宅で行うと腫れなくなる可能性が高まります

昭和時代は50歳以上の女性が多かったのですが、高齢化社会の今は男女問わず多くなってきています。

膝に水が溜まるのと同じくらい多いです。

膝の裏が腫れます。突っ張ります。正座をしようとすると気持ち悪いし痛いです。

この記事では徐々に悪くなった場合のお話です。

診た患者さんには適切に運動を指導ができますが、ブログ記事を読まれた人には「腫れなくなる可能性が高まる」としか言えません。ご理解のほどお願いします。

急性のは別の処置が必要となります。

世界標準のメルクマニュアルには

ベーカー嚢胞 – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

膝窩滑液包と前面滑液包との関節液の流れが上手くいかないのです。

患部から注射で関節液を抜きますが、すぐ溜まって解決にはならないのです。

手術は経過不良の場合が多いのでお勧めできません。

鑑別診断としては、神経鞘腫や腰部疾患からの放散痛や関連痛です。

嚢胞は逆止弁ができるから

図を見てください。関節包が変形して、逆止弁が完成するからです。

膝の半月板の変形も関係しています。できる人は軽度の膝関節炎になっています。

巷にあふれる治療は

色々な治療家が、様々な場所が原因と言っています。

よくあるインソールの処方は、この病気には不向きで効果は出にくいです。

結局、とどのつまりは筋力低下が原因です。これが治せないのが現実です。

当院の治療は

腰の仙腸関節や腰仙関節の副運動の回復、高濃度水素水足浴、加圧リハビリ村坂法が抜群の効果を出しています。

膝に水が溜まる関節水腫も同様に、腫れは速やかに消退します。関節水腫は1回で半減します。

ベーカー嚢腫の方がどうしても時間がかかります。基本、日々の自宅での自己リハビリが大切になります。

スポーツは行っても良いですか?

スポーツ、運動、筋トレは行っても問題ありません。

但し、膝関節に炎症があれば腫れます。この場合は、運動直後にアイシングすれば良いです。

現在の推薦方法です(2018年6月公開)

村坂ゴムバンド足指強化法(リハビリ)になります。

この強化法は膝の負担がありませんのでベーカー嚢胞(嚢腫)には最適です。

村坂ゴムバンド足指強化法(リハビリ)のやり方

大きな筋肉を鍛える前に

足指の筋力が膝の状態を健康に保つ秘訣であることが分かりました。

よって、スクワットやヒップリフトで改善しない人は、足指を強化する必要があります。

遠方より来院される場合は、こちらをご覧下さい。

ベーカー嚢胞(嚢腫)の改善の肝でもある、膝関節の隙間を作り関節液の促通運動を、治療時に対面で指導し習得して頂きます。

ベーカー嚢胞(嚢腫)で遠方より来院される場合は、1.2回治療を受けてもらい、村坂ゴムバンド足指強化法と膝関節液の促通運動を学んで頂きます

下記は以前の推奨方法です

筋トレはニーラップを付けた方が安全です

ベーカー嚢胞や膝関節水腫になる人は、初期の変形性膝関節症の場合が多く、ニーラップの様なもので保護をしてから筋トレをしましょう。

但し、膝蓋大腿関節に変形や軟骨の欠損があると、余計に痛みが出ますので、膝蓋骨周りを避けて巻く必要があります。

色々なニーラップは

Amazon.co.jp: ニーラップ: スポーツ&アウトドアストア

要らないよと言ってトレーニングしていると早く膝を壊します!

トレーニングもやって悪いのがあります

当院には、膝のリハビリ専用レッグエクステンションマシンを置いてます。

レッグエクステンションは基本NGです

膝のトレーニングでレッグエクステンションというがありますが、やみくもにやると膝を痛めます。頑張るほどに痛めます。

これを上手にやっている人を見たことがないくらい実は難しいのです。ゆっくりやれば良いとも限らないのです。

痛めないコツ

コツとして全運動行程で力を入れた状態で行います。下手な人は降ろすときに力を抜いてしまいます。

膝関節炎やベーカー嚢腫の人はウエイトをリフトした状態でアイソメトリック・トレーニングをするのが効果的です。

簡単に言うと重りを上げた状態で細かく動かします。

下記のアニメーションは通常の方法です。アイソメトリック運動ではありません。

引用元:レッグエクステンション – Wikipedia

スクワットの前になにをするか

まず、お尻と太ももの裏側の筋肉を鍛えます。これを先にして下さい。

ヒップリフト

この運動でハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)やお尻の筋肉を鍛えます。

スクワット

普段から膝に痛みを感じる人はバランスボールを使うと安全にできます。

膝を曲げるのは90度までです。深いスクワットは行ってはダメです。

バランスボールがなければ壁にもたれて行います。体が滑らないなら背中に滑る布を挟みます。

モデルさんのように重りは持たなくて良いです。自重で十分効きます。


引用元:スクワット – Wikipedia

普段使いに、バランスボールを椅子代わりに使うと体幹のトレーニングにもなります。

ランジ

一般の人は不要です。

スクワットができるのに不安が無くなったら、より実践的なランジをします。

実際はランジまでは必要の無い人が多いです。

ランジ – Wikipedia

ダンベルランジ

引用元:Baker's Cyst: Care Instructions

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
医療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。