お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

寝違えを前頚部矯正法で治療 残った痛みは筋肉の引きつり 半日か一日で解消します

飛騨地方の冬は寝違えて来院される人が多いです。

開発した前頚部矯正法を用いる

開発した前頚部矯正法にて、一回でほぼ治ります。

患部のマッサージや温めてはダメです。揉んでもらってこじらせて来院される人も多いです。

先生、まだ痛いです

治療にて、頚部の運動域が劇的に改善されても、痛みが残ることがあります。

痛めたときに、これ以上悪化されないために筋肉で首の動きをロックするためです。

これを筋肉のスパズムと言い、筋肉の異常緊張から来る痛みです。

頚部の椎間関節の状態も治っていますのです、半日から一日で治ります。

もし治らないなら他に原因が

もし治らないなら他に原因が有ります。

上部胸椎、鎖骨、上部肋骨の動きを治すと治りますので心配は要らないです。

広背筋の緊張も関連する場合もあります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。