胸部打撲・肋骨骨折の痛み、経過中に最大となる痛みを避けて早く治す方法

胸の打撲や骨折は「日にち薬」で治るのを待つしかありませんでした。

息をしても痛みが出るので本当に困ります。

高齢者は、負傷により肋間神経を刺激して、咳も誘発する場合もあって大変辛い思いをされます。

解説

胸部打撲 – Google 検索

肋骨骨折 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

標準治療や経過は

レントゲン検査をして、痛み止めと固定のバストバンドの処方になります。

骨折も打撲も同じ痛みで経過もほぼ一緒です。

負傷後、10日前後に最大の痛みが来ます。これは避けようが無く我慢するしかしありません。

4週間くらいで改善します。改善度は患者さん自身の痛みの感受性によるので1週間前後差が出ます。

何をしても痛くないというのは2ヶ月くらいかかります。

本当に「日にち薬」なのです。

良くある質問

息もできないほど痛いんです

この痛みは、内臓を守るための人体の防御反応です。

他の部位ならそんなに痛みが出ない外力でも、胸の場合は凄く痛みを感じるようにできています。

咳が出て余計に痛いなら

原因が肋間神経への刺激からの咳なので、ひどいなら咳止めを処方してもらった方が良いです。

ズレてひっつかないんですか?

通常は、肋骨は折れても呼吸にて自然に矯正され元に戻ります。下位肋骨の場合は多少歪みがあっても年月で骨が矯正されます。

早く引っ付く為に何を食べれば良いですか?

食事は余り関係無いです。体重が減らないように、炭水化物、たんぱく質、脂肪をバランスよく食べましょう。サプリメントは必要ありません。

物理療法の効果は

残念ながら、いずれの電気治療も鍼治療も思ったほど効果が出ません。関係する胸肋関節の矯正も新鮮な症例では無効です。

長田式無血刺絡療法=チクチク療法が奏功します。

専用器具で体表支配神経へのアプローチをします。

鎮痛剤より効く印象で本当に驚きました。怖いくらい効きます。

経過中、負傷した場所には鋭い痛みは出なく、鈍い痛みになります。これも驚きです。

この治療法を行うと、ピーク時の痛みが出なく、痛み自体も早く消退します。

固定用バストバンドは早期に不要となる

高齢者は胸を締め付けると呼吸がしずらくなるので嫌がられます。

通常は強い痛みが出る間は装着しましょう。締め方が上手になった頃に治ります。

痛みか早く減少し、装着を早期に終了できるので、この治療法は本当に福音です。

参考書籍

created by Rinker
三和書籍
¥3,043 (2020/09/22 09:07:57時点 Amazon調べ-詳細)

デルマトーム図

体表支配神経の人体模型です。

機械の治療では治らないですね。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。