お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

【緑内障の治療】鍼などで見え方が改善する場合もあるが、検査結果の改善や進行が遅らせられるかは不明、過度の期待は禁物

当院では鍼治療も行っています。

患者さんからの質問がありました。

問い合わせ

  • 患者さん「先生の所では緑内障の治療をされていますか?」
  • 私「ご希望があれば行います」「見え方は改善する事もありますが、検査結果も変化が出ない場合も多いです」「症状の進行を遅らせられるかは不明です」
  • 患者さん、残念そうに「そうですか…」「知り合いからXX県XXの鍼灸院が良いと紹介されたのですが通院できないので…」
  • 私「当院の治療費用は初回1万円くらい、2回目からは少し安くなります」

世界基準のメルクマニュアルには

緑内障 – 20. 眼の病気 – MSDマニュアル家庭版

こんなに種類があります。

  • 原発開放隅角緑内障
  • 正常眼圧緑内障(一番多い)
  • 原発閉塞隅角緑内障:慢性型と急性型
  • 発達緑内障
  • 続発緑内障

眼圧を上がらないようにするのが治療の基本です。

近年判明したのは、元々、眼圧に対しての視神経の耐性が低いのが原因と言われるようになってきました。

お薬も良く効くのが出てきますので、標準治療をしっかりしましょう。

調べてみました

とある鍼灸治療院がヒットしました。

あれれ、私の印象ですがSEO対策をしてあるような感じです。

記事のボリュームがそんなに無いのにトップに来るのは不自然な印象を受けます。

SEO対策とは、ホームページに細工をして順位が上がるようにする対策です。

検索の利点としては、その人の検索履歴からより良いとGoogleが判断して検索順位が変わります。

これも検索時代の利点であり弊害でもあります。

検索エンジン最適化 – Wikipedia

患者さんの気持ち

まだまだお若いので、この先失明になるのか大変不安なようです。

治らない病気で、患者さんに取って標準治療の効果があまり期待できない場合(治らない場合)は、私たちの治療に過度の期待を持たれる人もいます。

病気の種類で、仕方ない面もありますが、改善の余地があるのもあります。

当院の治療

治療費を捻出できれば治療を行う価値はあります。

鍼、XX、XX、XX、を行います。

鍼のみでは効果が弱いのでプラスして当院独自の治療を行います。

眼の動静脈は一番細いので、血流を整える栄養指導もしますので、結果的に安い治療費になっています。

私は経絡を信用していませんが、肝に係わるのは臨床上事実なので勘案します。椎骨動脈の流れを良くすることは脳眼疾患では重要です。

治療直後は、瞳孔の反応が良くなり今までより明るくキレイに見えるようになる人が多いです。

効果の判定は、10回程度治療を続けてみないと分からないです。

効果が有ったとしても治療は継続する必要があります。

標準治療の不安から

良く効く治療も大切ですが、正しい情報を提供するのが私たちの役目です。

他の患者さんも、医者で聞く事ができなくて、しょっちゅう質問を受けます。

質問された人は、耳に心地よい事を言って欲しいのでしょうが、ダメなことはダメと言います。心地よい答えを希望していた患者さんは、その後来なくなります。

そして心地よい事を言ってくれる所へ行かれます。無資格の所や、加持祈祷に走る人もいます。

このように紛らわしいのがはびこるのも、標準治療では改善しないと言う不安につけ込む輩が多いのが実情です。

悪くならないように治療しましょう?

同業者で、このようなことを頻繁に言う人がいます。

それが、どれだけ悪化のスピードを遅らせれるかは全く不明です。

患者さんにとっては、ひっとして良くなるのでは、ひっとしたら良くなるのではという気持ちのバイアスがかかる魔法の言葉です。

私も、高齢者には悪化しないようにという表現も使うことはありますが、気をつけて使う必要があります。

臨床経験からそれぞれの病気の治療回数を決め事実を伝え、その時点で患者さんと相談し治療の継続の可否を考えます。

それが治療と考えます。

予後をスパッと言いますと、治療から逃げていく人も多いのが事実でもあります。

いつまでも健康で居られるはずは無いので、無病息災じゃなく、一病息災を心がけましょう。

肉体は借り物と思って、日々感謝し大切に使いましょう。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。