お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

iPad Pro(12.9インチ初代)はタブレットの理想形!A4サイズに書ける自然さ、重いけど使いやすい!

家内用のタブレットをiPad(2世代)からiPad Air2に替えました。
私のが無くなったので新たに物色することにしました。

購入を決めるのに参考にしたのは

シオロジー先生のサイトです。

shiology

今回は大変参考になりました。
サイト内をiPad Proで検索して下さい。

ものくろさんの親指シフトのOrzレイアウトも紹介されています。

ものくろぼっくす

購入したiPad Proは

Wi-Fi + Cellularモデルです。
Wi-Fiルーターとしても使う予定です。

Apple Wireless Keyboardと一緒に
Apple Wireless Keyboardと一緒に

大きいことは良いことです

思った以上に使いやすい。
iPad Airのサイズが違う違和感はあっという間に取れました。
A4用紙のサイズが利用できるのは何者にも代えがたいです。
iPadの大きさでも便利でしたが、それ以上です。

老眼に優しいRetinaディスプレイ

老眼世代には大事な事です。
画面の大きさも相まって、凄く見やすいです。
フォントも見やすいです。

重いです

Wi-Fi + Cellularモデル 本体 723グラム(公称)
ipad-pro-select-spacegray-201510_GEO_JP

iPad Proシリコンケース 151グラム(実測)
IMG_0868

iPad Pro Smart Cover 182グラム(実測)
IMG_0869

合計 1,056グラムです。

4:3の画面が違和感を感じない

MacBook Proは16:9の画面です。
テレビも16:9の画面です。
しかし、4:3の画面が上下の表示量が多くて、たいへん見やすいです。

IMG_0861

 
IMG_0860

Apple Pencilが書きやすい

驚くほど書きやすいです。
実際にインクで書いている錯覚を覚えます。

IMG_0878
 
シオロジー先生が言われるように、mazec(マゼック)で手書き入力するとスラスラと漢字変換されます。
以前使ったときより、格段に性能が向上してます。

スラスラ書いて、サクサク変換。iOS 8のあらゆるアプリで使える手書き日本語入力ソフト「mazec(マゼック)」

mazecで入力中
mazecで入力中

 
親指シフトでもローマ字でも、キーボード入力だけの毎日なので、新鮮な感覚です。
新しいひらめきが浮かび上がるかもしれません。

Apple Pencil転がり防止には指サック

早速、落として先端部がささくれました。予備の先端に交換です。
指サックを付けて転がらないようにしました。
IMG_0863

 
IMG_0864

使えるソフトキーボード

実物のキーボードと同じ大きさなので、タッチタイプが可能です。
少し使ってみましたが、上手には出来ないです。

MacBook Pro13インチと比較
MacBook Pro13インチと比較

キーボードはApple Wireless Keyboard(日本語配列)を

のちのち親指シフト入力が可能になることを期待しているので、純正のSmart Keyboardを購入するのは見送りました。
開発されますよう待っています。

Magic Keyboard(JIS)は持っていますが携帯ケースがありません

持ち運びにこれが便利ですが今は廃番で、アメリカに注文が必要です。

【 Incase 】 Origami Workstation for Apple Wireless Keyboard and iPad
Best Laptop Backpacks | Camera Bags | iPhone & MacBook Cases | Incase

Incase Japan

IMG_0859

手書きでのマインドマップに

メインはマインドマップに使うことを考えています。
これをやりたかったんです。

imindmap HDの画面
imindmap HDの画面

 

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。