お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

Google chromeが頻繁に応答しなくなりフリーズする ユーザプロファイルを削除すると直ります

Windows も Mac もブラウザは Google Chrome を使ってます。

Google Chrome ウェブブラウザ

Google Chrome も欠点としてメモリーをたくさん使いますが、それを差し引いても大変優秀なブラウザです。

現在は Microsoft Edge も中身は Google Chrome になっています。

又、機能拡張(アドオン)が素晴らしく、ソフトとして使えるものが多いのでどうしても Google Chrome 一択なると思います。

フリーズが頻発する:Windows

1.2ヶ月前から頻繁に応答しなくなりフリーズするようになりました。

Google Chrome が何も反応しなくなるのです。

それ以外のWordやExcelなどは正常に動きます。Firefoxも動きます。

その度にタスクマネージャーからプログラムの終了を実行し、再起動をしていました。

何回も再起動してもやはり途中で応答しなくなります。どれぐらいの感覚かと言うと、ひどい時は数分で応答しなくなり、再起動してもそれの繰り返しになります。

今までのフリーズしたときの対応手順です。

  • ゲストブラウザで正常に動くか判断します。
  • タブを開きすぎるとメモリを消費するのでほどほどに。
  • chromeのキャッシュを全部クリアにします。
  • Google Chrome ソフトウエアのアンインストールと再インストールを行います。
  • Windows 自体も再起動します。

ここまではもうすでにやっていたので、打つ手がないなと思っていました。

方法

ある紹介ページに、ユーザープロファイルを削除すると直るとの記述があります。

PCでGoogle Chromeが頻繁に応答なし/フリーズする時の対処法 – Windows10/Mac

ハードウェアアクセラレーションを無効化すると正常になる場合がありますが、それを実行するとGoogleMapで3D表示ができなくなりますから、私の場合はやらない選択をしました。

ログイン情報などは全部消えますから、同期やバックアップを忘れずに。

Windowsの場合

  • Chromeが起動している場合は終了します。
  • 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  • 「%localappdata%\Google」と入力して「OK」をクリックします。
  • 「Chrome」フォルダを右クリックして「削除」します。

実際やってみました。

見事に直りました! Google Chrome が応答しなくフリーズするのから抜け出せました。

何が原因かはわかりませんが、とりあえず正常に使えるようになったので、めでたしめでたしです!

このような現象で困ってるようでしたら是非やってみてください。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。