お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

Hazuki(ハズキルーペ)は細かく小さい対象物の作業に最適です!

ハズキルーペを知っていますか?

ハズキルーペ コンパクト・ラージ(Part3)、スマートハズキ |プリヴェAG 株式会社

現在、4種類発売されています。

めがねタイプの拡大鏡、ルーペです。老眼鏡ではありません。

拡大率は、シリーズで違いますがメーカー公称値は1.3から1.6倍です。

勉強会で教えてもらい、それ以来、細かい作業には欠かせません。

中高年の悩み

中高年になり、物が見えにくくなったら、暗ければライトを照らせば良いですが、物の大きさだけは解決策がありません。

対象物が小さくて作業がしづらい場合は、拡大鏡が必要になります。

今までルーペは手持ちが主流で、眼鏡タイプもありましたが使い物にはなりませんでした。

私の仕事では

私の仕事では、応急処置で使います。

患者さんの皮膚に刺さったトゲや、爪を切った後の残りが皮膚に食い込んでいないかの確認に使います。

良く、老眼鏡と間違える人がいます。全く使い道が違います。老眼鏡は見つめる対象物にピントが合います。拡大は少しです。

ルーペは拡大します。眼鏡の上にかけるのは、乱視や近視や老眼を補正してからではないと、目が疲れるからです。

両手が使えるので、大変便利です。

買われた方

患者さんで、美術ナイフを作成されている方で、細かい作業で老眼鏡を使われていましたが、細かい所にピントが合わなくなって困ってました。

ハズキルーペをご紹介して、購入されてからは、作業が格段に楽になったそうです。

細かい作業が楽になる

とにかく細かい作業がおっくうにならないので、中高年の方は必携だと思います。

大型店だと実物がありますから、掛けてみられ見え方を体感されるといいです。

初めてだと、歪みの無い見え方を感動されると思います。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。