結果を出す手技療法のパイオニア

腰椎椎間板ヘルニアの40代女性 アレルギー症状が影響

飛騨地方(高山市・飛騨市・下呂市・白川村)の患者さんです。

経過

本年春に、整形外科でレントゲン検査で腰痛4/5番の腰椎椎間板ヘルニアです。

鍼灸とマイクロカレント微弱電流治療にて3ヶ月かかりました。痛み止めは当初10日間くらいで、アレルギーがあるので後は使われていません。

秋になり、不意に動いたときに痛めて、再び痛みが出て来院されました。

今回

痛みで起床時に下を向けません。洗顔も洗面台に手を着かないとできません。

子供の頃から起床時のくしゃみがありアレルギーだそうです。

前回も途中、くしゃみでヘルニアが悪化したので、今回もアレルギーが出ないように施術していましたが、やっぱり盛大なくくしゃみが出て振り出しに戻りました。

さてはて困りましたが、本格的にアレルギー症状に対する鍼を行いました。

花粉症・かゆみ・アレルギー症状・しもやけへの施術 – 小又接骨院・鍼灸院(村坂克之)

そうしたら、鍼施術後、2日後からウソのように症状が改善し痛みが消失しました。しびれはほんわか感じるようですがつらくないそうです。

1ヶ月で良くなったので、前回より1/3の期間です。

このようなアレルギーを持っている患者さんは、そこも考慮して施術を行うようにしたいと思います。

アレルギーと痛みの関連がハッキリした症例です。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。