変形性膝関節症で水が溜まる69歳女性 2ヶ月で略治しました 中殿筋や大腿筋膜張筋が弱いため跛行改善はこれからです

69歳女性です。

整形外科へ通院され、膝の関節水腫の治療(水を抜く)を受けられていました。

そのを継続するのが不安になり来院されました。

関節の水を抜いてもクセにはなりませんが、病態や経過の解説などが不足していると想像します。

来院されてから1回も水を抜く事無く良好となりました。

滑膜の炎症を改善する

関節リウマチでは必須事項ですが、通常の関節炎でも同じ考えが必要となります。

それをお薬で実現するのではなく、物理療法で実現します。

今までは鍼治療や手技治療で対応していましたが、一時的に効果で有り、根本的な解決には至りませんでした。

この度、その炎症を消退される刺激が判明し利用しています。

これより、治療は侵襲することなく安全に行うことが可能となりました。

関節水腫には水素水浴が有効

当院の臨床では、膝の関節水腫(水が溜まる)には大変有効です。

今回の患者さんのように、加齢による関節水腫には週1回の高濃度人工水素水浴が必要になります。

翌日は水腫は半減しますが、炎症がありますから再び溜まるのを繰り返します。

難治性でも約1ヶ月で消退します。

変形性膝関節症はどこまで良くなるのか

骨自体の変形がありますので、この治療でもどこまで改善するかは未知数ですが、今までの治療で一番成績が良いです。

滑膜の炎症が引くと、目に見えて関節の形が改善してきます。大変驚きます。

年齢が若いほど改善すると思われます。

跛行(びっこ)はクセから

当初、膝の痛みを庇うために跛行(びっこ)されていました。

そのクセが中殿筋の片足で立つ能力を低下させてしまいました。改善には努力が必要となります。

クセを治すのは大変ですが、中殿筋や大腿筋膜張筋の訓練を行います。

ヒアルロン酸の注射はプラトーとしては有効ですが、治すのには貢献していないと私は考えています。

中殿筋

大腿筋膜張筋

 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。