お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

膝関節炎・鵞足炎の42歳男性バトミントン選手、コンディション調整を含めての治療と自己リハビリを学んで頂きました

遠方からの来院ありがとうございます。愛知県からお越し下さいました。

奥様もバトミントンの選手で当院で治療を受けられています。

今回はお二人で来院されました。

来院までの状態

左膝関節炎、2年前、MRI検査で半月板変形があります。痛みは内側関節裂隙にあります。

今年になり右膝鵞足炎を発症。関節内側面に痛みがあります

鵞足炎 – Google 検索

初検の状態

膝関節外見上に軽度の変形も出ています。

鵞足炎の外反ストレステスト(Abduction Strses Test)は陽性なので、内側側副靱帯にも炎症があります。

股関節の開排運動は悪くは内ですが引っかかりがあります。

足指は強く素晴らしい状態です。

治療

奥様もバトミントン選手なので、同様の治療になります。

膝内側支配神経の伏在神経を治療すると膝の状態が改善されるので行います。

この伏在神経の状態が改善されないと膝の痛みは取れません。

3D4Medical – Award-winning 3D Anatomy and Medical Apps

自己リハビリの学習

長田式無血刺絡療法=チクチク療法を用いての痛みコントロールを学んで頂きました。

ソマニクス療法で痛みを軽減する方法を学んで頂きました。

これで今後も活躍できるはずです。

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。