結果を出す手技療法のパイオニア

肘が曲がらない80代と70代男性 高齢側が早く改善 他人と治るスピードを比較してはダメです

久々に驚く程治るスピードに格段の差がある症例でした。中高年になるほど人との比較は止めて、人は人、自分は自分のリズムを作って下さい。

88歳と73歳の男性、これだけの年齢差があっても、中身、肉体は違います。

肘関節炎

二人共、肘が痛みで肘が曲がらなく、反対の手で食事をされていました。

肘は毎日使いますから、発病後早期の来院をお勧めします。

73歳男性は、1.5ヶ月かかりようやく曲げられるようになりましたが、完全には良くなりません。

片や、88歳男性は、3日間連続で施術を行ったら、痛みも半減、肘の曲がりも半分改善しました。

人と比べてはダメです

色々な能力は天賦(てんぷ)のものかなと最近はつくづく思います。

天賦とは – コトバンク

後進の指導を行っても、要領の良い悪いに始まり、センスの有る無しは同然有ります。

技術がものになるならないは、テクニックが合う合わないがありますが、しつこく追求する人がものになっています。ダメな人はこんなものだろうと思う人です。

治療施術に於いても、こちらが適切に処置をしても、反応しない体があるのは事実です。

そこを治るように引っ張るのが私たちの仕事です。

今回も、1ヶ月以上の差が出ましたが、体質として考えます。

やはり、高齢まで生き残るのは生命力が強いのは事実です。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。