お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

太もも肉ばなれの40代男性 早期の現場復帰を希望され集中治療にて実現しました

男性です。

消防団の操法の練習中に負傷しました。

翌日来院され、練習もあるし大会が迫っているで、でなんとかして欲しいとの事です。

治療

肉ばなれは、筋肉の内出血を伴います。それがしこりになると治りが遅くなることは知られています。

いかに、そのしこりが作られないように治療します。

太ももの裏側のポイントが深いので、電気や手技では効きがイマイチなので鍼を行います。

ハムストリングスの半腱様筋になります。

2日間、鍼治療とマイクロカレント微弱電気治療を行います。

加圧リハビリ®を併用して行い、血に効果の有る処置も行います。

その結果、1週間で略治して、練習に復帰できました。

患者さんは大変驚き喜ばれました。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。