お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

母指CM関節症、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、全国を目指すミドルエイジ女性テニス選手

埼玉県から来院されました。

健康のために始めたテニスに魅了されて、全国クラスを目指して日々トレーニングをされています。

良いコーチ

カートを押しているときに、コーチに手の握り方を指摘されていました。目の付け所が鋭いコーチです。

普段から親指を寝かせるクセがあったそうです。これは女性に多い特徴で致し方ない面もあります。

母指CM関節症をかばう内に、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)も発症しています。

症状

ラケットを握る側の母指CM関節症とテニス肘です。

スポーツに限らずよく診る症状です。

お仕事も筆記やタイピングで、指を酷使されるので辛いそうです。

一番辛い症状はボールを打ったときの衝撃で痛みが出ることです。

解説

「母指CM関節症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

上腕骨外側上顆炎 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

治療

既往歴として先天性股関節脱臼があり、仙腸関節から治療を構築する必要があります。

頸椎ヘルニアもあり、今は症状としては出ないそうですが、母指CM関節症との関連が当然あって、頸椎椎間関節の可動性を回復させないとキレイに治りません。

運動選手なので体力的には問題ありません。

凄い冷え性を自覚されているので高濃度人工水素水浴は必須です。

ミドルエイジ以後はゼラチンやコラーゲンの摂取も症状を取るためには必要と考えます。

前腕の固さも患側にありました。

通常は無視して良いくらいの固さでしたが、運動選手となると厳しめに診ないと悪化します。

正しいストレッチと、CM関節の動かし方も間違っていたので学習して頂きました。

特製サポーター

母指CM関節症用特製サポーターの使いやすさに驚かれました。

固定は最小限で、手も使えます。固定の調節も可能です。通常は固定が固く患部の安静は保てますが実用にはなりません。

このサポーターの最大の特徴として、親指が人差し指と対立する位置(OKサイン・輪を作る)に落ち着かせることが可能です。

CM関節症になる人は対立位置から平行位置(敬礼様な指の位置)に変位しますので、このクセを治すことが治療のポイントでもあります。

治療内容

  • 母指CM関節自体の抗炎症
  • 外側脊髄視床路への神経促通
  • 関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の可動性回復
  • 骨盤と肋骨の動的可動性の回復と立位体幹軸の修正
  • 患部の悪玉活性酸素除去
  • 患部の血流改善と上肢筋群の筋力向上

治療法

  • 低周波通電/微弱電気通電
  • チクチク療法(長田式無血刺絡療法)
  • 関節運動学矯正法
  • パーマー式カイロプラクティック
  • アクティベーター療法
  • リアライン療法
  • 高濃度人工水素水浴
  • 加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)

母指CM関節症に対して

  • 独自サポーターの巻き方の習得
  • 自己チクチク法の習得
  • 正しいストレッチの習得

結果

遠方からの来院のため、1回治療しました。日帰り強行軍です。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、治療途中で痛みは消失しました。

母指CM関節症の炎症状態である腫れが若干消退しました。

自己チクチクと手のストレッチを一生懸命行えば、1ヶ月以内に大幅に改善されるでしょう。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。