お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

母指腱鞘炎(ばね指)の60代女性 2ヶ月間の治療 鍼・加圧リハビリ・チクチク療法で完治しました

親指の腱鞘炎、ばね指で来院された、67歳女性です。

整形外科の注射や飲み薬や塗り薬では治らないだろうと判断され、当院へ起こし下さいました。

親指が曲がりません。無理に曲げるとコキンと曲がり今度は伸びなくなります。それが怖くて、普段は曲げないようにしているそうです。

治療は、確実に効果の出る腱鞘炎用の鍼治療を行いましたが、鍼を刺すときに痛みが無いのですが、鍼への恐怖心があり、他の方法でと懇願されました。

鍼しか効果が出ない場合は我慢を強いるのですが、当院では代替の方法があり、加圧リハビリ®と赤色LED光線治療を週2回行いました。

経過が緩慢なので、痛いですがチクチク療法(長田式無血刺絡療法)を使うことにしました。

そうしたら、みるみる改善して、親指の曲げ伸ばしのロックも全く無くなり全治となりました。

今までは、腱鞘炎手術の天才整形外科医へ紹介していましたが、それ以前にやる仕事があると実感しました。

ばね指になる原因は、患部の交感神経の害、異常興奮が原因です。

それを即座に解消できるのがチクチク療法(長田式無血刺絡療法)なのです。

患者さんにとっても、傷口が極小であっても手術は避けた方が賢明なので、もっとこの技術を洗練したいと思います。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。