お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

テニス肘/上腕骨外側上顆炎が治療しても治ってこないのは

俗に言う、テニス肘です。

テニス選手、ボーリング選手など腕を使うスポーツ以外に、中年男女に多く発症します。

治るまでは、3ヶ月から6ヶ月かかるのが普通です。

世界標準のメルクマニュアルの解説

上腕骨外側上顆炎 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

当院の治療

現在2022年は、加圧リハビリ®は必ず行い、チクチク療法、レーザー治療、鍼治療、マイクロカレント微弱電気治療を取捨選択して使います。

忘れてならないのは、テニス肘用の専用サポータの装着です。これをして頂かないと改善しません!

治らない場合は

治らない場合は、痛み止めの常用のし過ぎ、痛み止めの湿布の常用のし過ぎがあります。

通常、処方される痛み止めには、痛みを止めるために血流を阻害する作用があるので、長期服用の場合は、治るための足かせになります。簡単に言うと、常用するほど血流が悪くなり、結局体が冷えるのです。

治したいのに、治さないようにしているのです。

また、頸椎や胸椎の椎間関節の異常、前前腕部や指の固さが関連しています。肩甲骨の動きの硬さに繫がる、大小菱形筋、肩甲挙筋の異常もあります。

単純なテニス肘で、そこまでの見極めをされる施設は大変少ないのが実情です。

早速の来院ができない場合は、当院のストレッチ法の資料の購入をお勧めします。

指や前前腕筋に硬さがあるテニス肘の場合は効果が出ます。時々、指の関節に痛みを感じるようなら、改善する可能性が高いです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。