お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「本当の先祖供養」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

本当の先祖供養

おおかたの人びとが、独りで生れて独りで大きくなったような錯覚をもっているようです。

それはどんなところから生まれ起るのでしょうか。

私たちの生命は神が生み神より分離したものです。これを魂、心といいます。

魂は転生という生れ変りの繰り返しを続けているのです。魂の乗舟である身体(肉体)が、生命と思うところに間違いが生じてくるものです。

お釈迦さまが、この神理をあきらかにされました。

実情は、私たち生命はあの世とこの世を永遠に転生を繰り返し、魂の進化進歩を求めて神の子としての使命をはたさんとしています。

その使命とは、神の意志は調和と安らぎを、この地上界にもたらすものです。

それには神から頂いた意識、意識の中心である心と、両親から頂いた肉体と心の調和をはかり、即ち色心不二の調和です。

それによって仏国土ユートピアの実現をこの世に具現ぐげんすることにあります。

この肉体こそ、神が先祖に与えられたものを調和によって子孫に受け継がれたものと言わなければなりません。

私たちの肉体先祖の慈悲と愛により調和を保たれたものですから、その恩返しは報恩感謝にあるわけです。

魂を磨くことにより私たちは神の光によって満たさなければなりません。先祖は次元の超えた世界でこれを見守っています。

私たちの生命に光が出れば、あの世で先祖は感謝して見守っているのです。

よく先祖がお酒が好きだったので、嗜好品をあげることが先祖に供養することだと思うことは真実の供養ではなく、心を磨き魂の修行をすることが、本当の先祖供養であることを知っていただきたいと存じます。

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。