お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「禅定(座禅)」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

禅定(座禅)

日本の座禅は、形だけがものすごく厳密なのです。

樫の棒で肩を叩いてもらうのです。それでびっくりして目が覚めるのです。これでは心の目は覚めません。
 
どうして無念無想という考えをするのでしょうか。

座禅が終わった後、一杯聞し召すのが楽しみだという人が多いようです。そういう人は、禅天魔といわれるように屁理屈が多いのです。

聞こし召すとは – コトバンク

無念無想になり、自分の心にわだかまりが入ってくるから、屁理屈が多くなってくるのです。

お釈迦様の教えた座禅は、屁理屈を並べなくても調和が取れてきます。

これに対しての、心の条件が具備されてきますから、調和や安らぎにつながるのです。だから、形は関係ないのです。

半跏座、結跏趺座でなければ座禅ができないのは嘘です。

私どもも禅定をする時に、まず想念という条件を自分で自分の心に当てはめてみるのです。

想念という発電能力が、本当に正常であるか、ないかと。

想念という機能は発電能力を持っているのです。

この世で、あの世から通信を受けたものは、心の体験により神経という条件にて、五官の感知により様々な体得をします。

今度は逆に、般若波羅蜜多という記憶装置である神の心へ全部返すのです。

想念は発電能力であり発信器であり、天上界からの受信器でもあります。

これが私たちの心の働きというものです。

大別しますと、本能、感情、知性、理性、意志という心の働きを持っています。

そして、本能という条件がバランスを崩していないか、感情という条件が、荒びていないか、喜怒哀楽という感情という条件が、喜びも、怒りも、全て調和されているかを観るのです。

これを自分の心の中で描いてみる。これが反省の要件には非常に必要なのです。

どうも感情的に落ち着かない。人から受けた仕打ちが面白くない。なかなか忘れられないようでは、こういう時は反省しても成果が上がりません。

ですから深呼吸をするのです。

深呼吸をしますと、新陳代謝が高まり、体の中の炭酸ガスが出て行きます。

腹が立ったり、頭へ来た時に、深呼吸をしばらく静かにしますと、段、自分の心が落ち着いてきます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。