お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「嫁・姑について」

村上宥快和尚さん(大正7年10月8日〜平成3年3月12日・享年72歳)のお話をまとめました。

嫁・姑について

 一つの現象が出てくる時には、自分の心を徹底して反省をしていきますと答えも出てきます。

 あるいは、あいつの顔を見ると、どうも頭へ来てしょうがないという時には必ず、自分の心の中に原因があるのです。

 自分の心を直した時、相手も自然に直ってくるのです。

 姑さんや、お母さんと称する人々の中には、自分の心を直すには病気という条件が必要だという場合は、人の痛さというものを理解し、自分の心を修正する時に、それが慈悲や愛という、一つの波動となり、悩み苦しみから救済することができる場合もあります。

 寝たきりで苦労することも、不自由がゆえに人に強要することも、お姑さん自身が直していくのですが、先ず、お嫁さんが同じ条件にあるのです。

 今まで姑さんと、色々なトラブルがあった時、それを恨みや憎しみを持ちつづけるのではなく、本当に心から許してあげた時に、向こうの緊張感も解けてくるのです。

 お姑さんが病気や何かにて、体や心の状態が不安定であれば、より一層の慈悲や愛という心を、あの世へ還られるまで差し上げて下さい。それが、お嫁さんの一つの心の修行なのです。

 人間の五体は、一つの慈悲と愛なのです。
 
 縦の線は慈悲です。横の線は愛です。キリストの十字架も慈悲と愛なのです。

 又、お姑さんが、お嫁さんの悪口を言う場合があります。

 これすらも、過去世では実の親子であったという条件がないと今生の嫁姑の条件は成立しないのです。一千年かけて仕組んだ条件なのです。

 ですからその悪口が、お姑さん自身にも当てはまるのです。

 相手の心ばかり見ると、本質を見失ってしまうのです。満足できない心が生じれば必ず反省をして下さい。

 そうして心に光を入れて下さい。

 このように人間同士が生き合う地上界の喜びを、あの世につなげて下さい。

1989年(平成1年)4月1日 東京講演会より

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。