お薬を使わない手技治療のパイオニア

村上宥快和尚さん説法「大宇宙との関わりあい」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

大宇宙との関わりあい

私たちが、どこ、ここで生まれたとかは、潜在意識の体験の記録なのです。

私たちは日本だけではなく、あらゆる環境を転生輪廻してきています。

その輪廻の中で築いた私たちの意識を、現代の条件のもとに、自分の心を開拓していった時に、それが多くの人類の生活に寄与されることが地上界の条件であるのです。

自分が一つの生命ではなく、宇宙との関わりのある偉大なる生命体であることを自覚をしていただければ、高橋信次先生が、あの世で喜びをもって迎えて下さることだろうと私は心に念じております。

そのために様々な、あの世からのバックアップがあるので、自分たちの意識の沽券には関わり合いないことを知って下さい。

沽券(こけん)とは – コトバンク

私も生命の続く限り自分とあの世との意志の疎通をもって、皆様と共に勉強をしていきたいと思います。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

1960年生まれ。村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師や鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながりますので、年齢と共にますます成績が向上しています。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に当院の治療や独自リハビリなどを行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。