結果を出す手技療法のパイオニア

村上宥快和尚さん説法「想念」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

想念

想念とは発電能力です。

そうして私たちが、受信機でもあり発信機でもあるという事実がここにあるのです。

テレビの場合は受信機だけなのです。人間は発信機を持っているのです。

その発信機とは想念なのです。この心の働きを、精神、心というのです。

このように受信発信が自由なのが人間だけなのです。

人間の心は、そういうものが含まれているのです。ですから信次先生の教えは多くの条件の中で、自分の心を開拓しなさいということなのです。

制御する条件を持っていれば、人が何と言おうと、いちいち神経をとがらせなくとも間に合うのです。

人間の偉大さを皆さん自身が開拓していくのです。

開拓をしていくことが、自分のエゴの心や執着の心を取り去らなければ、絶対的に、宗教や「宇宙即我」という条件が、自分に適った働きをしてこないのです。

人間は永遠なる生命ですから、今生だけではありません。再び来世という条件があるのです。

六親眷属(ろくしんけんぞく)という本体を中心とする五分身が地上界に出て、様々な環境や境遇を選んで地上界に出てきます。

その都度、親、兄弟、夫婦、嫁姑と、そうした条件の中で、私たちは豊かな心を造り、そうして体得したものを、般若波羅蜜多という神の意識の世界に還元されていくのです。

これが私たちの、地上界に出てくる目的、使命であることが本当の姿なのです。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。