結果を出す手技療法のパイオニア

村上宥快和尚さん説法「霊子線」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

霊子線(れいしせん)

私たちの地上界は、あの世と通じているものが霊子線といいます。

霊子線は光のドームです。このドームの中を走っている光は、赤、青、黄、緑、紫という五つの光の線なのです。

これを通して、大脳皮質にあの世から通信を受けるのです。

大脳皮質は脳膜で覆われていますから、脳膜の表側はプラスの電子、中がマイナスの電子、ここでバイブレーション(震動)を起こして、その強弱や色々な条件があって、あの世からプラスの電子で送られたものは、大脳皮質を通して想念という、この世の自分たちの心の意識に伝達をされるのです。

私は講演や研修会で、大脳皮質が様々な現象を起こして、あの世からコントロールされて、今度はこういうことを話しなさい、ああいうことを話しなさいと即座に話すのです。

それでなかったら原稿が要るわけです。原稿が要らないということは、私の肉体は、あの世からコントロールされる一つのテレビの受像機と同じなのです。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。