お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「本能のコントロール」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

本能のコントロール

現代の世相を見ると、子供たちも大人にしても、性欲というものに対して興味本位に考えますが、本当の生理的欲求とは肉体という存続を目的としているのです。

性欲の問題でも肉体的な条件が中核となっています。

これは食べる物にしても、飲み物にしても、肉体保全のエネルギー源となり、本能が自分の心の中で働くようになります。

現在、性教育といっても実にたわいもないもので、本当の性の目的を教えておりません。

生理的欲求が現実化して地上界でそれが営まれて、そうして、私たちが転生輪廻という条件で再び出てくるのです。

転生とは生まれ変わることです。皆さんがやがてこの世を去って、再び地上界に出る時には、自分たちが残した肉体を伝承しなければなりません。

伝承した肉体に再び乗り、魂の生活をしなければなりません。性欲に対しては好奇心のみ働いて真の魂を磨く条件を忘れています。

あの世では魂を磨くことは殆ど不可能なので、この世にて意識が肉体に乗らなければ魂の修行はできません。

魂の修行は永遠に、この世とあの世が転生輪廻して続くものです。

私たちが性的な欲求を、興味本位に、神から与えられているのではありません。

子供を産む、そうして育てる条件の中で、人、は慈悲や愛という心を培って行くのです。

現代の人の中には子供は要らないという人が多いのです。

私はそのことを考えると、ぞっとします。子供を育てないと、慈悲や愛の心を培う地上界での魂の修行はできないのです。やはり、子供を育ててみて初めてわかるのです。

現代は根本的な問題を忘れて、エリート就職、子供に自分の命脈を託す、あるいは、出世というもののみに心が動いております。

そのために、人間が何ゆえに地上界に生まれ出てきたのも知らずに、この世の生活を送ってしまいます。

やはり本能という悦びは、種族保存という大事な大事な問題が含まれているのです。種族保存には悦びというものを与えられるのです。

ところが現在の人びとは、本能が、それのみに興味をつられてしまって、本当の慈悲や愛という心というものを忘れてしまっております。

現代人の反省過程においても、このために多くの過ちを犯し、トラブルを犯し、そうして、この地上界の何たるものかも忘れてしまい地上界は混沌としております。

そのようなことのないよう、心の働きというものを、しかと、踏まえて下さい。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。