お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「心が体に影響する」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

和尚さんはギリシャへの旅行を計画されていましたが、坐骨神経痛になり渡航を中止されました。その時の心情を話されました。

湯治に行かれたときに写真が著書「心と行い」にあります。

心が体に影響する

私たちの心により作り出す、自分のストレスや不完全燃焼のエネルギーにより作り出された心の変形によって、肉体まで侵食してしまうのです。

難病、リューマチ、神経痛などがあります。

現在、私が病んでいる神経痛は、どこに原因があったかを考えますと、肉体が余りにも丈夫でしたから、自分の体を大事にしなかった条件がクッキリ出ています。

やはり自分の体といえども、借りているうちは自分のように感じますが、神様のものであります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。