お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「次元」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

次元

現代は全てに、公平、平等という考え方をします。

しかし、この世は玉石混淆(ぎょくせきこんこう)という条件があり、次元の高い人も低い人も一緒になって魂の修行ができることが、この世なのです。

玉石混淆とは – コトバンク

玉石混淆の、この世で魂を磨けるのが、真の公平、平等なのです。

あの世では意識の段階が厳密に分けられています。五次元の方もあるし、四次元の方もありますし、しかし、四次元でも地獄界という世界は別なのです。

あの世で四次元の世界は、4.0以上と4.0未満に分けますと、4.0未満を地獄といいます。これは天上界ではありません。いわゆる地獄であります。

私たちの意識の相違は、六次元に生まれている人でも、自分の我欲のままに振る舞ったりすると、一旦、地獄界に落ちて生活をするのです。

ですから、八次元だからといって、菩薩界の人でも光の天使でも同じなのです。七大天使の中のウリエルは、これをサタンと呼んでおります。

次元の高い人でも、自分の自我意識によっては限界まで落ちてしまうのです。落ちてしまうと、光の天使や菩薩は、なかなかやり直しがきかないのです。

正法を、一生懸命行って一旦止めます。再び、元の位置に復することは三倍以上の努力が必要なのです。三倍以上の努力をしても、なかなか元通りにはなりません。

ノイローゼや精神病になり、トランス(意識)の焼けたのは元通りにならないのです。

ですから、一旦、坂道を逆行しますと、惰性によりもっと深い所へ行ってしまうのです。ダーッと落ちて、地獄界に入ってしまう人があるのです。

こういう人々の心境は、非常に感情が激しかったり、色々と心の条件が偏っているので、なかなか上がってこられないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。