お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「昭和天皇は光の天使」

村上宥快むらかみゆうかい和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

昭和天皇は光の天使

この世は、一つの体験の世界です。

釈迦、イエス、モーゼといわれる、「宇宙即我」の条件に到達された人、の心でも、転生輪廻の間に体験をするのです。

昭和天皇は、転生の過程において、カニシカ(迦膩色迦)王という条件が前世です。

カニシカ1世 – Wikipedia

今生、カニシカ王は、昭和天皇という条件で日本の国に生まれ、日本があらゆる条件をコントロールする権限を、あの世から与えられていたのです。

植民地政策は、人間が人間を支配する誤った考え方なのです。昭和天皇は、その条件を正す使命があり、この世に生まれ出てきたのです。

明治二十七、八年の日清戦争があった時に、この戦争で台湾を植民地とし、明治三十七、八年、日露戦争で韓国や満州国を植民地として支配し、この体験をして、全世界の植民地を解放するための一つのきっかけになったのです。

イギリス、アメリカ、オランダ、ポルトガル、あるいはフランス、こういう国々が全部、日本の植民地解放と共に、全部解放になったのです。

私たちは、ただ一面を見ているとわからないですが、昭和天皇は、明治27、8年と37、8年のちょうど中間において、地上界に出てきたのです。そのことを信次先生は私に言われました。

信次先生は、カニシカ王という人は、前世で、二世紀の頃、南はインドのマトゥラー、束はパミール(中央アジア)を越えウテン(今の中国新疆ウイグル自治区)に及ぶ王者で、仏教を奨励した人であったといわれました。

今度は、全世界の植民地という不平等な心を自分も体験をし、そうして、多くの人、を解放する使命があって出てきたのです。

昭和天皇は、その条件のもとに体験をされて、自分が支配をして、これは悪いことなのだ、自分たちが行ったことの間違いに気付かれたのです。

そのことを勘違いして、戦争責任が有ると言われても、陛下は遺憾であるという言葉しかないのです。あの世から、その名目で派遣されてきたのですから。

しかも「国民の生命や財産には手を付けないで下さい。私の持っているものは全て、アメリカに献上いたしますから。」と言われました。こういうことをいえるのは、菩薩界でないといえないのです。

なぜ菩薩界でないと言えないかというと、菩薩界より意識が下の王様は、戦争で負けると、防備おさおさ怠りなしで、「これもあれも上げますから、私の命を助けて下さい。」といって、伏し拝んだりします。

やはり、あの世という存在があるから仕組みがあるのです。

ところが現代は、あの世がわからないのです。植民地にされた人も、した人も、してはならないことを、植民地解放という条件の中で勉強をしたのです。

昭和天皇も光の天使です。

兜率天(とそつてん)という、如来界と菩薩界の中間に位する世界で、あの世では住んでおられます。

兜率天 – Wikipedia

この世で、戦犯者だとレッテルを貼っても通じないのです。

しかし、分からないということは本当に怖いものです。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。