お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「あの世で仕組んで」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

あの世で仕組んで

この世の魂の修行は、非常に条件が複雑であります。

現在の環境を、あの世で、他人の場合、家族の場合など色々と人間関係を様々な契約をしてきます。

その中で、夫が、いくら正法を強いても、実践してくれないし耳も傾けない場合があります。

こういう時には、家族の中でも、正法というものに気づいた人から、自分の心の調和をはかっていくのです。

夫婦の間柄でも、親子の間柄でも、例えば、子供が、親のいうことを聞かないで、どうしようもない場合、正法を気づいた人に一つの原因を持っているのです。

自分の心を修正した時に、初めて、その問題を解決する鍵があるのです。鍵は自分自身が持っているのです。

家族の中で、息子が気づいた、あるいは夫が気づいた、あるいは母親が気づいた、奥さんが気づいた、色々あると思います。

気づいた人から正法にご縁がある人なのです。自分の心を、真っ先に修正してみるべきことなのです。

夫がいけないのだ、妻がいけないのだ、では答えが出ません。

原因は気づいた人に、きっかけがあるのですから、子供がアレルギー症状である場合は、親のアレルギーが現象化してくるのです。

正法の場合は、現象が出てくることは、その人自身が自分の心の中を見なさいという警告なのです。

自分の心の中に、あの世で、親子の組み合わせ、兄弟の組み合わせ、あるいは夫婦の組み合わせをしてきます。

相手に現象が出ている時は、その人の心の中に条件が含まれているのです。そのことを、よく考えて反省を行って下さい。

相手が、頑固な気持ちになっている場合は、どれだけいっても聞き入れられません。そこで無理強いをしてはいけないのです。

まず自分の心に、その条件の反省をしてみて、自分の心が修正された頃、相手も徐々に気がついてくるのです。夫婦の場合は、その仕組みが多いのです。

それは、あの世は、意識の条件はオープンですから、夫婦になる場合、恋愛で結婚したとか、あるいは見合いで結婚したとかの条件は、この世の一つの現象にしか過ぎないのです。

夫婦になる場合は、あの世で取り決めが完了しているのです。

それで、この世に生まれると、子供の意識に変わり、過去のことは一切忘れるようになっています。忘れるから魂の修行ができるのです。

信次先生といえども、お悟りになられる前は誠にお粗末なものでした。皆、お粗末なのです。私に至っては、尚更お粗末だったのです。

だから、地上界においての夫婦なり、親子なり、兄弟なり、人間関係の中には、魂を修正する条件が全て含まれているのです。

ことに、嫁・姑という条件は、誠に綿密に組み込まれるのです。

なぜ綿密に組み込まれているのでしょうか。

大体、この世に出てくるまで七・八百年必要なのです。あの世の意識オープンの世界ですから、その中で、この人との組み合わせなら自分のカルマを修正することができる条件で、夫婦は仕組みをしてくるのです。

ところがこの世に出てくると、育ちが違うとか、氏(うじ)が違うとか、生まれが違うという人がいます。

氏とは – コトバンク

生まれが違うのは当たり前なのです。そういう違った環境で自分の心を修正していくということが地上界なのです。

あの世では、「どうか、私の夫になって下さい。私の心は、このような欠点があるから、修正するには、あなたの提供するアドバイスが必要ですから、是非お願いいたします。」と皆、そうやって出てきているのです。

また、奥さんに対しても同じことです。ところが、この世に出てくると、余計なことをいうな、なんてことになってくる人が多いのです。

これは、忘れているから言えるのです。忘れなかったら、この世は修行の材料にはならないのです。

そうした仕組みが、家族という条件の中では、非常に綿密に、何百年もかかって、自分たちが確認し合い決めて出てくるのです。私にはこういう欠点があるから、こういう時には、一つのアドバイスをして下さいと。

このように仕組みは、自分自身が決めてくるのです。しかし、この世に出ると、皆忘れるのです。

私は、信次先生がお悟りになられる一年半前にお逢いしたのです。

偉大な魂の持ち主の家族においても、計画というものは綿密にされているのですが、そこに至るまでは、かなり複雑なこの世の感情というものが働きます。

ですから、誰しもが、この地上界は魂の修正する場所なのです。だから忘れるのです。

先生が悟った暁には、どんどん前世のカルマというものは、皆わかってしまいますが、一遍に開くのではなく、徐々に意識の開帳をしてくるのです。

ですから、自分の夫、妻が、正法を理解してくれない場合には、もう少しやるべき自分の道すがらがあるのです。

親子でも、兄弟でも、夫婦でも、こうした条件は必ず組み合わさっているのです。組み合わさっていることが、心が裸になってみると、はっきり自覚ができます。

私ども夫婦の中においても、家内はまるで私の心を読んでいるようです。

今度は守護霊が、そのことをアドバイスするのです。色々なことをいってくるのです。家内の守護霊が、あの世の約束があるから、私に対しては厳密、厳格なアドバイスが出てきます。

家内の守護霊は、義理堅い人なのです。とても律儀なのです。インドの当時は、チュダリヤ・チュダータ(スジャータ)の姉だったのです。

スジャータ – Wikipedia

Sujata (milkmaid) – Wikipedia

この世ではずいぶん色々と苦労されていますから、事件や何かがあると、魂のグループが寄ってきて現象を出すのです。

私の宗派から離脱する時などは、全員で出てきて会議をしていると、そのことを家内がちゃんと、夢の中でハッキリ見ているというのです。

だから私の行動範囲は、皆、家内の守護霊が牛耳っているのです。私の守護霊も、心の法の番人ですから非常に厳密なのです。

法を説くことは、かなり難しいことでありますし、私自身も、現世の学問は、全然触れさせられないで、このように法を説くのです。

学問ではないのです。

私自身の過去世においても、それなりの条件というものがあるのです。いわんや、高橋信次先生の偉大な魂というのは、般若波羅密多の観自在になっているのです。

信次先生が、お悟りになる時の一週間前は、居ても立っても居られなかったのです。「お前、もう一週間の内に悟らなかったら、どこまででも追いかけて行く。あの世であろうとこの世であろうと。」と宣告されたのですから。

先生、青くなってしまいました。ですから、偉大な魂の持ち主でも、悟るまでは、そういう条件があるのです。

私たちの凡俗が、そういう条件を踏まえて出てくると、右往左往どこではないのです。

凡俗とは – コトバンク

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。