村上宥快和尚さん説法「不動心を養う」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

不動心を養う

一つの事なかれで生きていくことが、正法ではないのです。難や苦というものから逃げて生活をするのが、正法ではないのです。

正法を求めるには、様々な難儀や苦行というものがあるのです。それを通らなければ神理を本当に理解することができないのです。

多くの人びとは、正法に巡り合うと、自分は病気をしない、災難を避けられると思っていますが、そのような目的で来てはいけないのです。

どんな難関にも遭遇しても、乗り越えていく、智慧と勇気を持たなければなりません。

それゆえに、「右の頬を打たれれば左も出す」という、忍苦や忍耐を養わなければならないのです。

安逸を貪りたいという臆病の心を、自分で超越しなければなりません。

臆病心を反省の中で、乗り越えなければなりませんし、様々な難関に立っても、毅然とした心の生き方をしていくのです。

一般では、家内安全、商売繁盛、このことのみに正法を受け取ってはならないのです。そのことが、二十一世紀に向かっての、心のあり方でなければならないのです。

不動の心こそが、自己確立であるのです。

安逸を貪るために、経済、物質が与えられたのではないのです。この辺を考え直し、生活の進化を求めて勉強をしなければならないのです。

生活の中で、心の磨き方を一層難儀をすると思いますが、恐怖にかかわるようなこともあるのです。

その時、逃げてはなりません。いずれ修行が終われば、あの世へ還らなくてはならないのです。

あの世に、智慧と勇気を持って還らなければなりません。それが神への報告書なのです。

どんな難関でも、苦寒でも、打ち克ち、ここを通り抜けなければなりません。

もう二十一世紀は、ひこの間にあるのです。

自分たちが、事なかれ主義、いわゆる問題が起きてくると逃げようとする心では、正法を勝ち得ることはできません。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。