結果を出す手技療法のパイオニア

村上宥快和尚さん説法「潔癖は間違い」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

潔癖は間違い

私たちが潔癖だから、自分の心は偉大であるということではないのです。

潔癖は、善と悪を分けてしまいます。

善悪をわけるのではなくて、善悪を超えた神の意識にたどり着かなければいけないのです。

やはり、そこに許す心や、調和をとる心、愛する心は、自分の心が綺麗になったのだから良いのだと考えている方々もいますが、本来は、豊かな心を作るということが反省の目的であるのです。

自分が潔癖症だから、これで自分の心は調和が取れたような勘違いをしてはなりません。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。