お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

禁煙を成功するには・1 私の体験

禁煙のコツはただ一つ!

必ず禁煙できますから、失敗しても何回でもチャレンジする!

松下幸之助さんの「成功するには、成功するまであきらめない」と同じです。
ただし、再チャレンジはやる気が満ちて来てからです。それぞれの生活のリズムがあり、成功するタイミングは存在すると思います。

私は、数回チャレンジしていると思います。最短1日、最長で2年禁煙してましたが、ひょっとしたイライラで再喫煙を繰り返してました。知人からは「禁煙マニア」と揶揄されていました。

今年で禁煙して7年経ちます。2008年平成20年からです。
きっかけは、風邪を引いてから咳が全然止まらなくなって、息子に「変な咳してるけど、タバコ止めたら。」と言われたのがきっかけです。家内には、何回言われても止める気にはなれませんでした。妻の言いぐさはスルーして子供の意見を聞くという、よくある話です。

それまでは、どれだけ咳をしようが、痰を吐こうが、コデインや気管支拡張剤などでごまかして、タバコを吸ってました。反則技ですね。

現在はチャンピックスという飲み薬による禁煙もありますが、私が禁煙した頃は、ニコレットしか有りませんでしたので、ニコレットを用いた禁煙を考えます。

最初に、なぜ失敗を繰り返したのかを考えます。

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。