お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

変わるアレルギーに対しての考え・乳酸菌アレルケアを使ってみて、妻のアレルギーも改善しました

健康のかぎは腸内の健康状態ですが、

先日、NHKスペシャルで放送がありました。
NHKスペシャル|新アレルギー治療~鍵を握る免疫細胞

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0405/

 

色々な病気が腸内細菌との関連が明らかになってきました。長生きはするものです。

アレルギー、肥満、糖尿病、心臓病から、腸内細菌との関連があるとのことです。

日本古来の発酵食品である、納豆、漬け物、お味噌、麹、などがやっぱり体に良いのです。

無農薬とか厳選した素材とかにこだわる必要はありません。

まず食べることが大切です。

 

乳酸菌は

とは言っても食べ物で摂るのが無理な環境の方も居られると思います。

その場合は、市販の乳酸菌を摂ることになると思います。

定番のヤクルトは良い商品です。

私は加齢による乾燥肌で、毎年冬には困っていましたが、アレルケア「L-92乳酸菌」を試したら大変効果がありました。
https://www.calpis-shop.jp/products/l92_tab.html/

家内の花粉症もずいぶん改善しましたが、摂取しないと悪くなります。

患者さんもお勧めして試してもらいましら、アトピー性皮膚炎なども改善しました人も居ます。

試す価値はあると思います。

 

しかし、色々効能をうたった健康食品は巷に氾濫していますが、高価な商品はどれだけ効果があっても、まず疑った方が良いです。

高い健康食品を摂るより、まず食事にその費用を使った方が良い結果が出ます。

高齢者の患者さんには、食事がおろそかになって健康食品の取り過ぎの場合が時々見受けられるので、注意しています。

日本の発酵食品(味噌汁・漬け物)を食べましょう!

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。