お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

今年の梅雨の天候不順が原因か体調不良になっている方が多いです!

今年の7月の気温の低下は近年まれに見る現象だそうです。6月も気温が低く野菜の生長も遅いそうです。5月が非常に雨が少なく暑かったので余計に涼しく感じます。「7月に4日連続で気温が25度に届かない」というのは、1920年以降の約100年間で初めてのことだそうです。(7月8日記事より)

 

飛騨地方は

今でも、朝晩の気温が低く、夏布団に替えられない人や、半袖を着られない人も多いです。また、日中は蒸し暑いので、体調を崩している人が多いです。吹き抜ける風は一日中、涼しい感じです。夕方には窓を開けてられません。

 

神経痛は例年の5割増しに近い

統計は取っていません。坐骨神経痛、頸腕症候群などなど、感覚的な感想ですが、神経痛を訴える患者さんは、例年より大変多いです。このような現象は体験したことがありません。又、改善スピードが遅いです。痛みも同じ感じです。

 

どうすれば良いのか

体調が悪いときは、やはり、体を冷やさない事が大事です。積極的温める必要はありませんが、シャワーだけの入浴はダメです。少しで良いので湯船につかりましょう。飲み物も、暑くても、氷の入った飲み物も止めましょう。

食事は、胃腸が丈夫な人は大丈夫ですが、弱い人は体調が優れないときは、燃えかすの少ない炭水化物が良いと思います。

当たり前ですが、奇をてらう健康法などは全く必要なく、サプリメントも必要ありません。

 

効果の有るドライウエア

ユニクロに代表されるドライウエアは高温多湿な日本の環境には驚くほどの効果があります。汗をかいた後に、体力が奪われるのを防いでくれます。湿った下着にて風邪を引くのも防いでくれます。

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。