お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

禁煙を成功するには・2 失敗の原因

悪しき習慣(喫煙)を断ち切りましょう! そして悪い縁には触れないようにしましょう!

心臓疾患、COPD(慢性閉塞性肺疾患)を患っている方は、今すぐ禁煙です!
一日止めれば一日寿命が延びます。患者さんで、心臓病や肺気腫や気管支喘息などで喫煙している人が時々見受けられます。

禁煙するとこの世の終わりのように本当に辛いです。いつになったら楽になるのか先が見えないので、ふと吸ってしまいます。しかし、たった1ヶ月でその辛さも必ず終わり、清々しい日常が来るので頑張りましょう。

途中で失敗する一番の原因は、一本くらい吸っても大丈夫と思ったからです。時々、麻雀やお酒を飲んだときだけ吸っている人が居ます。私もそんなになれると思ったのが間違いでした。

禁煙が調子に乗ってきたときに、試しに吸ったりしたのです。それが失敗の元です。その日は、凄く不味く感じても、翌日にはもう一本、翌々日にはもう二本となり、あっという間に戻ってしまいます。

禁煙してからは、一本も吸ってはいけません!!! 必ず失敗します。

私は禁煙するまでは、一日3~4箱吸ってました。患者さんには治療の時、体臭や口臭がひどかったと思います。実際の禁煙はどうすればよいのでしょうか。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。