お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「本能・感情」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

本能・感情

本能的な高ぶりの条件が生じますので、恋愛というものはよくありません。

まともな心ではないのです。熱病ですから。自分の良いところだけを見せるのです。醜いところは隠しているのです。

だから後で夫婦になってからさらけ出すと、鼻持ちならなくなるのです。

ある人が結婚しました。八年も付き合っていたのですから、よく見そうなものですけど、結婚の翌日からものすごいトラブルがあったのです。

やはり、熱に浮かされた目で見ていたから、まともではなかったのです。

私は、あまり熱に冒されなかった青春時代というものは、良かったのかもしれませんが、恋愛の相手が無いと淋しいものです。

本当です。華々しいところはなかったのです。ないよりはあった方がいいです。

恋愛結婚は、恋愛結婚ではなくて恋害結婚になります。アワビではないけど片想いなのです。

磯の鮑の片思いとは – コトバンク

恋愛というのは双方が持ち寄ることです。恋害結婚となると磯のアワビの片想いになります。

しかし、恋愛結婚でしょうと、お見合い結婚でしょうと、今生の夫婦としての縁ですからあまり拘らなくてもよいのです。

ロボットには、無表情な顔貌が表れておりますが、人間も割合に無表情な方が最近では多くなっております。

感情というものも、この中に知性や理性というものが働かないのです。

これは、今まで地球上の長い間の生活をした人や、経歴のある方々は、人間関係において感情を持っていますが、新しく他の世界から地球上に来ている人もいます。

地球上の体験がないために、感情の無表情な方々も生まれ出ている場合もあります。

感受性も、今生だけで成立しているのではありません。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。