村上宥快和尚さん説法「学問では心を学べない」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

学問では心を学べない

正法は学問ではありません。

物事の真実を知ることが大事だからといって、学者や研究者がするような正法の研究者になっては豊かな人間性は育ちません。

仏教やキリスト教が哲学化され、学問に姿を変えていったのも知が先行していったからです。

お釈迦様は、生まれて此の方、人間の心の自然なことを白覚しなさいということを教えているのです。

それを仏教哲学といっていますが、仏教は哲学でも学問でもありません。

仏教にしても、キリスト教にしても、大宇宙の真実の中で、いかにしたらより良い生活をして行けるかという教えなのです。

心はエゴという条件を誰でもが持っているのです。

エゴという条件は、妬み、恨み、そしり、愚痴、怒り、葛藤、闘争なのです。

宗教も、エゴを心から取り去り、調和された心となり生活をしなさいということを教えられるのです。

宇宙が示す神理に私たちは同調をして生きていくのです。拝むことでも、上げることでも、祀ることでもないのです。

皆さん自身が、エゴや執着の心を修正した時、初めて、悩みや苦しみから解放されるのです。

それに執着を持っていますと、悩みや苦しみは絶えることはないのです。

自然の中で生きる方法を勉強することが正法です。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。