お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「相談も体験の一つ」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

相談も体験の一つ

心配ということは、心を配って歩くのです。

そのために、自己自身の確立がなくなってしまうのです。

例えば、友だちや親戚や知り合いの人、が、病院に入院をした時、どのような心で行きますか心配そうな顔をして、「困ったものです。」と言えるでしょうか。

こんな見舞いの仕方がいけないのです。

明るい笑顔を持って見舞いに行ってごらんなさい。

「あの人は、何故あんなに明るいのだろうか。」これは条件で示すのではなく、態度で示すのです。態度で示すことが一番良いのです。

私などは比較的多くの条件の中で、色々と体験をしています。

個人相談は、他人の心ではなくて自分の心なのです。個人相談をして、その人たちの条件を聞いて裁断していくのです。ですから広範囲に体験しているといえるでしょう。

私など、自分の学問は当てになりませんが、相談を受けた時、自分自身と他人は一つであって二つではないのです。このことが、私たちの体験、経験をより豊かにしてくれるのです。

このことを私たちは助言をしていますと、多くの体験を得ることが可能なのです。

私みたいに、あまり学問もなければ何にもない人間が、研修会や講演で話が出来るのは、自分の心の曇りが取れれば、あの世との意思の疎通ができるのです。

ですから原稿は必要ないのです。話すことは、全て、あの世から指示されます。

相談も同じことです。心に曇りがあると正しい判断ができません。

相談を受けるときには、心の曇りを取ってからでないと危険なのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。