お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「安らぎを目指して」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

安らぎを目指して

皆さんが正法を行って本当に心が調和されれば、こんな良いことはないのです。

ところが、自分の自我意識が手伝って自分勝手な憶測があるから、自分の心に安らぎというものが出てこないのです。

やはり、自我意識、自己保存と、心を大事にするとの違いは、私たちは自我意識というもので考えて、自分の都合の良いように、「自分さえよければ」という心の条件が、心を蝕んでしまう条件なのです。

私たちの心は、自我という絶縁物が取れると、大宇宙の意識と全く一つの意識であるということを確認できるのです。

八正道という単純なる宇宙の法則を知ることは、私たちが心なき時代、末法においては、『心行』を神理としてこそ、その条件が出てくるのです。

「末法とは心なき時代」「二十一世紀は心の時代」、これを理解されて本当の心の生き方をしてもらいたいのです。

自分さえよければという心が自分を閉ざしてしまうのです。

だから、日々の生活にて八正道が自分の心を向上させる一つのフィルターであるのです。

「心行」の骨子に書いてある人間は仲良く生きるという、この原点において初めて、私たちが調和された生活ができるのです。

今までの、拝んだり、上げたり、祀ったり、そういうこととは、全く程遠い条件の中にあるのです。ですから正法の勉強をして下さい。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。