お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「神と自分との対話」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

神と自分との対話

私たちの心は豊かで丸く大きくあるべきなのです。これを目的として反省を行うのです。

《心の問題は最終的に、神と自分の関係の中でしか解決がつかないものなのである。》

私は、十回位、研修会に出まして、信次先生から指導を受けました。

私は僧侶という職業柄、八正道という条件が心のフィルターであることを知っていました。

しかし、自分の心の中を、最も言いにくい、考えにくいことをさらけ出した時は、せきを切るように、あの世とのつながりができました。
(注:他人に話すことではありません、和尚さんご自身の反省禅定の中で開帳できたそうです)

自分で握り締めていたものがパッと開いたら、せきを切るように、自分の心から、あの世との意思の疎通ができたのです。

今までは、《自分のいるところに神が存在する》と思えない人が多いのです。

いわゆる、御幣(ごへい)や、仏像や、鏡をお参りしていた自分は別問題としても、これから先は、自分の心の奥底が神である、その手前が自分であるという自覚を持って下さい。

御幣 – Wikipedia

皆さんは、神の心の入口であります。

入口ですから、大事に清掃をして下さい。清掃をすると、そのことによって神との意志の疎通ができます。

今までは、拝んだり、上げたり、祀ったりしていたものが、今度は、自分の心の中で自由自在にできます。安心して行って下さい。

私たちは自分の心を、人に見せるためにあるのではなく、自分自身が、神から与えられた存在を充分に、心の存在を自覚することが必要ですから、人に評価されなくとも私は良いと思います。

人のためや、大きく見せるがための反省では、動揺する結果が出てくるのです。

私たちは、自分に正直な条件を掘り下げていくことが大事なのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。