村上宥快和尚さん説法「母性を失う現代女性」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

母性を失う現代女性

ある家庭の事情がありました。

ご主人が財布を握っていて、「いくら欲しいのだ。」「おやつ買うのか、いくら欲しいのだ。」こんなことやっているのです。これは本当にバカ親父です。

それで良いつもりでいるのです。そうして自分の趣味や嗜好に費やしているのです。経済を奥さんに任せられないのは男女の役割を忘れた愚行です。

女性とは身近な配分をすることが使命なのです。

現代は、男と一緒になって表に出るから、アレルギー、ノイローゼ、情緒不安定というものが出てくるのです。

女性と男性の、感情の使い方がありますが、女性は身近なことに対して、子供を育てるということ、身近な細かい心の働きを持っている特異性があります。

現在、特異性の中でも、育児ノイローゼになるのは本能の欠如なのです。

知性や理性のみ先行して、本能を失っているのです。男性と平等であるというので、格闘競技までやるのですから。

母性を育むことを子供の教育に用いなければなりません。

だから女性の場合は、格闘競技などは必要ありません。世の中は、男になんぞ負けてたまるかという心を持っている人が多いのです。

女性が社会に出ると、非常に気が荒くなってくるのです。

育児本能が無くなってきています。おむつはどうして取り替えたらよいのか、お乳はどうしてあげればよいのか迷っています。昔は、そうではありませんでした。

ちょいと来てお乳を出して、子供たちの口にそそぎ込んであげられるのです。それでも結構、親と子の関連性がしっかり取れていました。

今のお母さんたちは子供が泣くのもわからなくなっています。子供のおむつが濡れているとか、お腹が空いたとか、親の心が不安定になっている時、子供が泣くのです。

昔は、育児の勉強はしないのです。勉強をしなくとも本能的にわかってくるのです。今のお母さんたちはそれがわからないのです。

どうして、いけないかというと、現在は女性の方々も勉強します。すると、本能が、感情、知性、理性に押しまくられてしまうのです。

そうなりますと女性には、育児本能がなくなり、子供を育てるのに意気地がなくなるのです。

ですから、女性本能がないのです。格闘競技でも、柔道を見ていると実に凄まじいです。相手に食らいついてやろうかと考えているのですから。

世の中がアレルギー症状や、ノイローゼ症状や、情緒不安定が出てくるのは、女性本能が失われた大きな穴があるのです。この大きな穴を二十一世紀には埋めなければならないのです。

既にアメリカでは、このことに気がつき始めています。

日本では今のところないのです。表へ出て働け、働けといっています。あれはイデオロギーの強い人たちが扇動して、女性を表へ引っ張り出すのです。

政治の条件も、客観的な大きな環境を持っています。ですから男性は、客観情勢を掴むことは女性より優っていたのです。

ところが、この頃は女性だか男性だかわからない人間が多くなってきました。これは、女性と男性の本質を見失っているからです。

これは、大きな問題なのです。表へ出て、男に負けないで働く条件になると、おかしくなってくるのです。

意識は、あの世で女性は三十三才、男性は四十二才なのです。また、この世に出てきて、不惑の条件になるのが、女性は三十三才、男性は四十二才です。

確かに、男が束になってかかってもかなわない女性も中にはいますが、不惑の条件では、意識の差が歴然とあるのです。

これは、女性が子供を育てるために、必要な条件なのです。

子供を産むことは、人間の魂が転生輪廻の過程において、多くの体験性を持たなければならいのです。体験性を持たない人、が、地上界では女性も働くといっているのです。

女性が駅長に、本庁の課長になったと聞きますが、殊更に取り上げているマスコミが多くなってきたのです。

神理の条件からすると恐ろしい時代なのです。

格闘競技、あるいは運動といった一つの競技の中で、戦うことだけを標榜している女性は、育児本能、あるいは女性本能という優しさというものがないのです。

二十一世紀は、正しい方向へ逆戻りをしなければならないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。