お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「苦楽」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

苦楽

私たちが、ケガでもしてご覧なさい。寝るにも寝られない痛みという、悩み苦しみが出ます。

この時には心は脳乱します。

例えば、手をケガして疼くと、こんな手を切って捨ててしまおうかと、感謝のないことを思うのです。

あるいは、足の先が痛いという時、もう、こんなに痛いなら、足を切ってくれと言う人もあります。

楽なればとは、すぐ人間は身体が暇で、そういう条件に接すると、セックスとか享楽を平気で相望むようになります。

苦しみや、楽をしていますと、人間は、本当の心という存在を忘れてしまいます。

現代の条件は、そうなっています。正しい心を条件として、自己の確立をしていくことが大切なのです。

人を憎んだり、恨んだり、感謝のない心を持っていては、正法を成じていくことはできないのです。

苦楽を超越した、自分の心の修行ができる条件になり、これが中道なのです。

自分さえよければ、あるいは、自分たちの欲望を求めるのが、この世の中だという考え方を持つ人がいるのです。

大変な間違えです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。