お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「朝方見る夢について」

村上宥快和尚さん(大正7年10月8日〜平成3年3月12日・享年72歳)のお話をまとめました。

朝方見る夢について

朝方の夢というのは、私たちが朝方はあの世へ還って、神様のパワーを充分に頂いてきているので平常な状態に近いのです。

ですから夢というのは、意識の中で見ているのですから、神様のエネルギーを満タンにしてきている状態では、割合に真実が多いのです。

疲れたり、悩みがあって、無我夢中で見ている夢というのは、夜中や寝入りに見ている夢なのです。

正夢というものは朝方に多いのです。

私たちは、本当に正法というものを体得してくると、夢の中でも、是非善悪や、自分のエゴや執着をコントロールができるようになってくると、私たちの意識は本物になってくるのです。

夢の中でも、自分がいけないと思ったことは、夢の中でも制御できるような状態にならないと、いけません。

善なることは多いにやって結構ですが、悪なることにはブレーキをかけないといけません。

皆さんが正法を始めると、テストというものは夢の中で受けるのです。

夢の中では、ノンブレーキ(抑えがきかないということ)ですから、心の制御ができるようになれば、そのテストは合格です。

ですから夢というものは、嘘のつけない本当の自分の心の実態に、近い感覚を持っているのです。

そういう中で、心の自動制御装置が働くようになれば、本当に正しい状態になってくるのです。

1990年(平成2年)10月15日 東京研修会にて

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。