お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「健全な生活」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

健全な生活

健全な生活とは、八正道に照らし合わせた心になることが、健全な生活なのです。

「正しく見る」はできるが、「正しく思う」「正しく語る」はできない。いわんや、「正しく仕事」もしない。

正しく仕事をすると、損すると考えるのです。

損はしません。自分でしたことが損することは神が絶対にさせません。現代の人びとは、その条件がわからないのです。

絶対損をさせないようにしてあります。

神様は正直です。本当は、神の子の人間も正直なのです。正直にやれば必ず巡るものは巡ってくるし、与えられるものは与えられてくるのです。

これが神の子である証拠なのです。私たちは公平な環境にいるのです。

まず、家庭というものは和やかにしなければなりません。

嫁姑の仲が良いということは、見端(みば)が良いものです。年中、喧嘩をしていてはみっともないのです。

私たちが肉体を保全していくには、動物・植物・鉱物のエネルギーが必要なのです。

穀物や、野菜や、木の実とか、これが全部、私たちの肉体を存続させるための干不ルギーなのです。

しかし、現代の食事を見ていると、残飯の多いことを気づいているでしょうか。

これは感謝のない心なのです。美味しい、不味いとか、これは神を冒涜し、それを作った人の心を冒涜していることなのです。

普段、この条件を忘れています。動物、植物、鉱物、水にしても、野菜にしても、穀物にしても、無駄にしないことが感謝の心なのです。

そのエネルギーがあるから肉体保全ができるのです。大宇宙の環境の中で、私たちが生きることができることは、太陽の光や熱が、適時に私たちに与えられているのです。

この地球上で、春夏秋冬の最も整った、日本の国で修行ができることに、感謝の心を捧げなければならないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。