お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さんの和歌

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

ホームページの特性から箇条書きにしています。

宥快和尚さんの和歌

  • 法燈ほうとう
    諸人もろびとの 心に灯す 法の火は 慈悲と愛との 心なりけり

  • 心塵しんじんを払う
    法燈ほうとうは 神の光の 証なり いざや心の 塵を払わん

  • 神の光
    天津日あまつひを つらぬき照らす 光をば 神の心と たたえまつらむ

  • 調和の道
    ひたすらに 神の恵みは 極みなし 我ら歩まん 調和への道

  • 煩悩即菩提ぼんのうそくぼだい
    さまよいし 心の果てに ほのぼのと 法の光は 輝きにけり

高橋信次先生の和歌

  • いくとせか 求めし道は 遠かりし 悟れば光 我が心なり
  • 法灯の 光は消えて いくひさし 初日の如く 今は輝く
  • めぐり来る 初春楽し 今朝の夢 光輝く 友の姿が
  • 正道の 光に満ちて 目覚めたり 年たちかえる 元朝の夢
  • 年を経て 心の道に 迷いなば 法をたよりに 正道を行く
  • 苦しくも 楽しきことも 世のならい 滅して悟り 神の光が(我が心なり)
  • 神仏の 光求めて 幾星霜いくせいそう 悟れば仏 我が心なり
  • 光背こうはいに 包まれ生きる 安らぎを ともに与えん 病める諸人
  • 暖かき 陽ざしのごとく へだてなく 己が慈愛を 友に施こせ
  • 原説の 般若の教え 心あり 行じる道に 法のともしび
  • もろびと人の 心の舟は 老ゆれども 真理の道は 波しづかなり
  • 苦しきも 楽しくもあり 人生の とわにかはらぬ 転生てんしょうあし

俳句について

宥快和尚さんは、一時、俳句をたしなまれて、山口市の「無暦庵」の同人として、同人誌「無暦」に投稿されていました。俳号を「幻耳」といいました。

「幻耳」は、幼少の頃、中耳炎を患い片耳が聞こえなくなったが由来だそうです。

しかし俳句は、言葉をもてあそぶので、心がすさんで来ることを体験されました。松尾芭蕉の俳句をみても、人生の最期になるにつれて非常にすさんできています。

それ以後、俳句を嗜まれることは止められました。

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。