結果を出す手技療法のパイオニア

村上宥快和尚さん説法「夫婦」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

夫婦

この頃は、両親と住むのが嫌だという人たちがたくさんいます。

そうして、夫を産んでくれた、ご両親に対しても背を向けている人が多いのです。

これはおかしいのです。しかも、嫁姑というのは前世では自分を産んでくれた人なのです。

これは女性ばかりではなく、男性も悪いのです。

原因というのは男性にあるのです。夫婦の仲は、勝手なことをする時だけが夫婦だと思っているのです。

自分たちが本当に心を確立してゆく心が、夫婦の心でなければならないのです。それを、今の夫婦はしないのです。

私たちがあの世から出てきて、この世で約束を実現するのです。

あの世で約束をした状態を、反省により思い出すことができるのです。

反省で思い出せないということは、この世に出てきた使命や目的が半減されるのです。

狭い心の人は許すことができないのです。やはり、許すことは大きな心なのです。

大抵の人は許すことができないのです。

修正ができやすくするために、最も身近な仕組みを仕組んでくるのです。

それが親族、家族なのです。このことがわからないと、この世のことばかり、頭へ来てしまったとか言っていては、進歩がありません。

正法を、どうして勉強しなくてはならないのは、人間の意識の世界に、通用するだけの勉強をしなさいということなのです。通用しない心を持っていても意味がないのです。

通用するということは、魂を修行して調和が取れれば、どんなところにでも神は当てはめてくれるのです。

神が当てはめてくれないのは、自分の努力の足りなさ、あるいは機縁が熟していない条件なのです。

機縁とは – コトバンク

ですからこの世は、本当に大切な魂の修行の場ということを、私たち自身が本当に知らなければならないのです。

一つ健全な生活をしてみて下さい。そうして平和な環境を造って下さい。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。