お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「祈り」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

祈り

アメリカからはるばる尋ねてきた方がいまして、色々、この世とあの世の条件のお話しをしてあげたのです。

「やはり人間に戦争をする強制をしては、アメリカのブッシュ大統領さんは駄目だ。」と言ったら、「いやー、アメリカのブッシュさんは別でしょう。」と言われました。

節穴で見ていると、間違えるのです。

やはり、アメリカといえども、日本の経済力を利用するのは間違えです。経済力というものは戦争に使うために、あるのではないのです。

世界人類が平和であるためには、心の目覚めしかないのです。心に目覚めないで、平和でありますようにと言っても、お粗末極まることなのです。

ものに祈りをかける時に、自分自身の心をそっちにおいて、いくらどんなことを祈っても、拝んでも、上げても、通じないのです。

まず、自分自身が平和であるかどうかということを通して、地上界の勉強をしているのです。

平和でありますようにという空の願掛は通じないのです。自分自らの心が調和された条件で祈らなければ、神の心に通じません。

自分の心を正規に戻して、お祈りをして下さい。それが神との対話であるということなのです。

私たちの心願というものは、心の願いです。

これをあの世に通じせしめていくことが大変重要なことなのです。

私たちが、地上界に出てくるには、肉体を提供してくれました方々、肉体を保全した先祖の方々の、努力や恩愛に対しては、報恩供養の心を忘れてはいけません。

報恩供養とは、正法を実践することなのです。

普通は、報恩の供養は心で祈ればよいと考えていますが、私たちが日常生活の中において、自分の心に曇りを作らないようにして、お願いをすることが、神に対する私たちの心でなければなりません。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。