お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「両性にて成り立つ」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

両性にて成り立つ

これは、男性は男性、女性は女性という、現代の考え方の過ちがあります。

人という字は、この左払いが男性で右が女性です。

人は男性だけでも女性だけでも成り立たないのは、当然なのです。

しかも、この人という字は、「ノ」は、左払いといい、「トメ」は、波法(はほう)と呼んでいます。

はほうの方は膨らみがあります。人間も、男性が膨らむようなことがあっては困るのです。

女性の方は、ちゃんと膨らむようになっているのです。

そういう機能を神から与えられているのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。